ストレスと疲れがたまると敏感肌になりやすくなりますか?

ストレスを完全に取り除けなくても・・・

現代社会において、ストレスや疲れは決して切り離すことのできないものです。

これらは厄介なことに肌にも悪影響を及ぼし、場合によっては敏感肌になる原因ともなります。

そもそも精神的な負担や肉体的な疲労は、内臓機能や免疫力の低下を引き起こします。

内臓が弱くなると吹き出物が出やすくなったり、免疫力が落ちると少しの刺激で過剰なアレルギーなどが表れる可能性もあるので、
肌にとって最も厄介と言っても過言ではありません。

肌は自律神経やホルモンバランスが乱れても敏感になってしまいますので、日頃から身体の内側へのケアは忘れてはならないのです。

逆に言えばリラックスして内臓も元気な状態であれば、普段敏感肌の人も多少のことでは影響が出なくなる期待が持てます。

そのためには定期的な息抜きをしたり趣味に没頭できる時間を作るべきです。
仕事などをしていると毎日それらを実現するのは厳しいですが、週に1回でも心身共に休ませられる日があると理想的です。

敏感肌になっている状態を放置してしまうと、本来なら潜んでいるままだったはずのニキビやくすみも我先にと出てくるようになります。

ストレスや疲れは、そのような肌のマイナス因子を呼び出すカギだと覚えておきましょう。

そして同時に肌はそれらによって老化が進んでいきますので、見た目年齢にも大きく関わってきます。

対人関係や仕事などストレスと疲れのタネになるものは山ほどありますが、自分なりの方法で上手く付き合って若々しい姿を保っていきましょう。

脱毛サロンでリフレッシュ

お肌の状態によっては脱毛を断られるかもしれませんが、
脱毛はリフレッシュのために方法の一つです。

特に最近は、全身脱毛がやり放題!をうたったサロンが多いため、ガッツリ脱毛するなら銀座カラーやシースリーなどがおすすめです。

【やり放題サロン特集のサイト】
銀座カラーの全身脱毛は20万円以下で通い放題

敏感肌の場合UVカット品は薄く塗った方が良い?

UVカット品は外出する時のスキンケアとして必須となっている部分はあるのですが、あまり強いものを使ってしまうと敏感肌の人の場合は肌荒れや炎症を起こしてしまうことがあります。

そのため最近ではアトピーや敏感肌にも優しく使えるUVカット品が増えているのですが、やはり刺激になってしまうという点は否めません。

このように敏感肌であったりアトピーなどで悩んでいる人の場合はUVカット品は薄く塗った方がいいのかどうかという点ですが、薄く塗ってしまうと皮脂や汗によってすぐに落ちてしまうため薄く塗ることそのものに意味はないとされています。また薄く塗ったところでどの道肌に負担を強いているという部分では同じなので、敏感肌だからといってそのような対策をしているとUVカット品の効果を発揮しないどころか肌に対しても意味がないので、結果的に日焼けをして悪化させてしまう可能性があります。

ではどのようにUVカット品を塗った方がいいのかというと、基本的には商品に記載されている塗り方を守ることが大切だとされています。そのため塗りっぱなしにせずに外出先から戻ってきたらしっかり拭き取ることが大切ですし、塗りムラなどが起きないように満遍なく塗ると言う事が大切です。

そして敏感肌の人だと気にしがちなのが塗りなおしなのですが、これはUVカット品は皮脂や汗で落ちてしまうので敏感肌の人であっても定期的に塗りなおしをしても問題はないとされています。

ビーグレンって敏感肌でも安心?

ビーグレンは気になるシミやソバカス、シワやたるみなど肌のトラブルに直接働きかけて、内側から原因を解消していきます。

諦めかけていた定着した古いシミや刻まれた深いシワ、下がったフェイスラインなどにしっかり効果を発揮します。

ビーグレンは科学的な根拠に基づいて研究者が開発したサイエンス基礎化粧品です。

そのため肌に優しくない科学的な成分が入っている、敏感肌に向いていないという印象を持つ人も少なからずいるのですが、実際はそうではありません。ビーグレンでは使用後の肌の経過を丁寧に観察、個人ごとに異なる肌の質のデータを集めた上で細やかな商品開発をしているため、敏感肌の人でも安心して使用することができます。

シミやソバカスにはハイドロキノン配合の美白化粧品がとても有効です。

またシワやたるみにはビタミンAのレチノールプラスとレチノイン酸トコフェリルを配合のアンチエイジングタイプがあります。このようにビーグレンは肌悩みと肌質の個性に合わせて製品をチョイスすることができます。また配合されている成分はナノ化することで肌細胞の深部まで届くように工夫されており、結果的に肌への負担をかけることなく効能を引き出すことに成功しています。

敏感肌なのでビーグレンを使用するのにためらいがある人は、まずトライアルセットで使用感を確かめてみることをおすすめします。またホワイトプログラムの場合はビーグレンのサポートをうけることが出来ますので、積極的に相談しましょう。

>>TOPページへ戻る

洗顔石鹸での敏感肌のお悩みとポイント

敏感肌の持ち主は、毎日の洗顔はもちろん、日光や風に触れただけでも痛みや痒みを伴うことがあります。

そのため、日頃の洗顔やスキンケアなどで対策しておくことが重要になり、その方法で悩むことになります。

では、敏感肌の人はいかにして洗顔やスキンケアを行えば良いのでしょうか。基本やポイントなどを知っておきましょう。
まずは洗顔の歳に用いる化粧品を選ぶことから始まります。洗顔クリームや洗顔石鹸などを選ぶ際には、肌への負担が少ないものを選びましょう。

とはいえ、最近は様々な種類の商品が販売されているので、自分で判断できない場合には、専門の店員などに相談すると効果的です。あるいは、洗顔石鹸などの専門店などへ訪れると、より自分に適したものを選ぶことが可能になります。

次に洗顔のポイントです。敏感肌は角質や油脂を落としすぎると、肌をバリアする機能が弱くなりやすいので、落としすぎないように注意しましょう。また、冷水や熱いお湯ではなく、ぬるま湯で洗うようにすると、痛みなどを感じにくくなります。洗顔後はタオルを拭き取るように使うのでなく、水分を吸い取る感覚でタオルを使うようにすると、肌への負担を軽くすることができます。

普段のスキンケアにおいても、敏感肌専用の化粧品を選ぶようにしましょう。自分の肌の状態や性質を皮膚科やクリニックなどで調べておくと、より効果的です。

日々の心がけひとつで、敏感肌を全く気にせず生活することが可能になります。”

>>TOPページへ戻る