敏感肌の定義とは:敏感肌だと思ったらムダ毛処理はお休みしよう

若い女性は一ヶ月に一度のペースで必ず月経期間がありますので、どうしても生理前になると女性ホルモンのバランスが崩れがちになり肌が通常よりも刺激に弱い敏感肌になる恐れがあります。

敏感肌の定義として肌表面のバリア機能が低下してしまい、通常なら特に問題なくスキンケア用品が利用できる方も、肌が敏感な状態になると普段使用しているスキンケア用品でも刺激となってしまい、肌荒れを起こしてしまうなどかなりデリケートな時期でもあるのでスキンケア飲み直しと同時に、刺激を与えないように生活をおくることが大切です。

特に普段からムダ毛処理をカミソリや電動シェーバーで済ませている方などは、お手入れの頻度が高くなる上に肌に普段以上の負担をかけてしまう危険があることから肌のコンディションが悪いなと感じたときには出来るだけムダ毛処理をお休みするように習慣つけることが大切です。

どうしてもお手入れをしたいという場合には、敏感肌用の除毛クリームなどを利用することおすすめします。

カミソリや電動シェーバーは生えているムダ毛を簡単に処理することが出来るメリットがありますが、刃を直接皮膚にあてることで肌を保護している角質も一緒に除去してしまい肌の乾燥を進行させる危険があることや、デリケートゾーンとされるアンダーヘアの処理や脇にカミソリを利用すると色素沈着を引き起こす可能性が高いので、出来るだけ使用を控えるかお手入れの回数を圧倒的に減らせる脱毛ケアに切り替えることも大切です。

>>TOPページへ戻る