敏感肌の場合UVカット品は薄く塗った方が良い?

UVカット品は外出する時のスキンケアとして必須となっている部分はあるのですが、あまり強いものを使ってしまうと敏感肌の人の場合は肌荒れや炎症を起こしてしまうことがあります。

そのため最近ではアトピーや敏感肌にも優しく使えるUVカット品が増えているのですが、やはり刺激になってしまうという点は否めません。

このように敏感肌であったりアトピーなどで悩んでいる人の場合はUVカット品は薄く塗った方がいいのかどうかという点ですが、薄く塗ってしまうと皮脂や汗によってすぐに落ちてしまうため薄く塗ることそのものに意味はないとされています。また薄く塗ったところでどの道肌に負担を強いているという部分では同じなので、敏感肌だからといってそのような対策をしているとUVカット品の効果を発揮しないどころか肌に対しても意味がないので、結果的に日焼けをして悪化させてしまう可能性があります。

ではどのようにUVカット品を塗った方がいいのかというと、基本的には商品に記載されている塗り方を守ることが大切だとされています。そのため塗りっぱなしにせずに外出先から戻ってきたらしっかり拭き取ることが大切ですし、塗りムラなどが起きないように満遍なく塗ると言う事が大切です。

そして敏感肌の人だと気にしがちなのが塗りなおしなのですが、これはUVカット品は皮脂や汗で落ちてしまうので敏感肌の人であっても定期的に塗りなおしをしても問題はないとされています。