敏感肌を改善する裏ワザ:敏感肌でも美白を諦めない

“年齢が高くなるにつれ、女性の肌は透明感を失い、シミやそばかすの多い、くすみの目立つ肌になりますから、美白化粧品でケアしなければなりません。

しかし敏感肌の人は美白化粧品の成分が浸透しにくいので、なかなか効果があらわれないといわれています。

敏感肌を改善する裏技を知っていれば、美白を諦めなくても済むので、
くすみを解消したいときは、まず最初に、肌のバリア機能を高めることから始めましょう。

化粧品を使った際、肌にピリピリした刺激を感じる人は、バリア機能が弱まっている証拠なので、紫外線や乾燥、大気汚染物質などの外界からの刺激に影響を受けたくないなら、しっかり保湿することが大切です。

肌のバリア機能を高めるには、お肌にうるおいが必要なので、敏感肌を改善したいときは、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの成分を配合した化粧品を使うようにしてください。

保湿効果の高い化粧品を使い、肌のバリア機能を高めた後なら、紫外線などの外界からの刺激に負けない肌になっているので、美白化粧品を使っても、ビタミンC誘導体などの成分が浸透しやすくなります。
また抗酸化作用を持つビタミンEも、肌のバリア機能を強化したいときに役立つので、化粧品を購入するときは成分をよく調べるようにしてください。

肌のバリア機能が強化され、敏感肌が改善されれば、美白成分が浸透しやすくなります。

ビタミンEには血行を促進し、お肌のターンオーバーを整える効果もあるので、シミやくすみの改善にも期待が持てます。

>>TOPページへ戻る