洗顔石鹸での敏感肌のお悩みとポイント

敏感肌の持ち主は、毎日の洗顔はもちろん、日光や風に触れただけでも痛みや痒みを伴うことがあります。

そのため、日頃の洗顔やスキンケアなどで対策しておくことが重要になり、その方法で悩むことになります。

では、敏感肌の人はいかにして洗顔やスキンケアを行えば良いのでしょうか。基本やポイントなどを知っておきましょう。
まずは洗顔の歳に用いる化粧品を選ぶことから始まります。洗顔クリームや洗顔石鹸などを選ぶ際には、肌への負担が少ないものを選びましょう。

とはいえ、最近は様々な種類の商品が販売されているので、自分で判断できない場合には、専門の店員などに相談すると効果的です。あるいは、洗顔石鹸などの専門店などへ訪れると、より自分に適したものを選ぶことが可能になります。

次に洗顔のポイントです。敏感肌は角質や油脂を落としすぎると、肌をバリアする機能が弱くなりやすいので、落としすぎないように注意しましょう。また、冷水や熱いお湯ではなく、ぬるま湯で洗うようにすると、痛みなどを感じにくくなります。洗顔後はタオルを拭き取るように使うのでなく、水分を吸い取る感覚でタオルを使うようにすると、肌への負担を軽くすることができます。

普段のスキンケアにおいても、敏感肌専用の化粧品を選ぶようにしましょう。自分の肌の状態や性質を皮膚科やクリニックなどで調べておくと、より効果的です。

日々の心がけひとつで、敏感肌を全く気にせず生活することが可能になります。”

>>TOPページへ戻る