敏感肌の人の入浴法

敏感肌に悩んでいる方は普段行うケアの他に、お風呂に入る際も気を使わなければなりません。

敏感肌のための入浴法として、肌に刺激を与えないことが重要となります。お風呂の温度はなるべく熱すぎずにぬるめの温度に設定しましょう。

お湯の温度が熱すぎると皮膚の保湿成分や皮脂が落ちてしまうので、38度から41度くらいの温度がベストになります。

入浴剤によっては肌を刺激してしまう恐れがあるため、お風呂から出る時にはシャワーで一通り体を洗い流しましょう。

皮膚を洗う時に使うタオルはソフトのものを使用するか、手で洗う方法があります。

タオルを使ってしまうと、どうしても皮膚に負担がかかってしまうので、一番良いのは自分の手だけで洗う方法となります。手で体を洗う前には、手の雑菌を落とすために軽くすすぎましょう。

肌を傷つける原因となる、手の爪はこまめに切ってヤスリで整えておきましょう。

体を洗う時に使うボディソープは肌に刺激が少ないものを使用し、なるべく無添加のものを使用すると良いです。顔の洗顔も、肌になるべく刺激を与えないように洗います。

洗顔料をよく泡立てて顔を覆います。手でこすらなくても、皮脂や汚れは落ちるので、泡を顔につけるだけで十分に綺麗になります。

入浴後に使うバスタオルは肌を傷つけないように柔らかめのタオルを使用してします。入浴後は皮膚が乾燥しやすくなるため、保湿成分が配合された化粧品を使って肌のケアを行いましょう。